就職活動で注意したい服装のマナー、紹介します

スーツをしっかり着こなして清潔感あふれる印象を

将来の仕事を決める大切な就職活動。とにかく良い印象を企業に残して希望の会社に就職したいですよね。就職活動をする上で服装はとても大切です。面接でどんなに素晴らしい受け答えをしても清潔感のない派手な服装だと、評価にも影響してしまいますよね。スーツを選ぶときはストライプ柄などは避け、黒や紺、グレーのスーツを選びましょう。袖口にほつれがないかしわがないか汚れがないかを確認し、清潔感のある服装を心がけましょう。

ネクタイは自分に似合うものを

ネクタイを選ぶときは、派手過ぎるものは避けましょう。ただ、ネクタイは面接などで自分自身をアピールする手段でもあります。会社の印象や雰囲気に合わせた色を選択するのも良いですよね。銀や白のような明るいラインではなく、紺やグレーのネクタイを選ぶと良いです。無柄でも良いですが水玉模様やストライプ柄のネクタイを使っても良いです。自分に似合う色や柄のネクタイを見つけて、面接官に自分自身をアピールすると良いですよ。

靴下や靴で足元の印象もしっかりと

靴や靴下、ストッキングなど足元の服装も大切です。面接で座った時や入室の時、足元は意外と目立ちます。靴下は黒や紺で肌が見えるようなスニーカー用の靴下は避けましょう。ストッキングは濃い目の色を選択すると足が美しく見えますよ。伝線することも考慮して予備を用意してくださいね。靴は黒の革靴を選びましょう。女性はヒールが高すぎない黒色のパンプスを選択しましょう。企業に向かう前は必ず靴の手入れをし、ピカピカの状態で使用するようにしてくださいね。

新卒紹介の求人に関心があるならば、希望の職種やエリアを明確にしましょう。求人サイトで効率的に探すことが大切です。