知っておけば安心!公的介護保険の基礎知識

公的介護保険とはどんな制度か?

公的介護保険という社会保険制度があります。導入当時は見直すべき点が多いと言われていた制度ですが、何度かの改正を経て、今ではなくてはならない制度に成長しています。介護が必要になった場合、介護業者のサービスを利用することになりますが、介護業者への料金の原則1割を自己負担し、残りは介護保険から賄われるというのがこの制度の概要になるでしょう。40歳から被保険者となり、保険料を支払うことになっていて社会保険方式で運営されています。

対象となる人はどんな人か?

被保険者は二種類で、40歳以上65歳未満の第二号被保険者、65歳以上の第一号被保険者です。どちらも保険料を負担することになっていますが、給付を受ける場合には大きな差があります。第一号被保険者の場合、介護が必要な状態になったら、その理由の如何を問わず介護保険を使えますが、第二号被保険者は介護が必要になった理由が限られているのです。具体的には特定疾病と呼ばれる老化が原因とされる病気の場合のみ給付受けられることになるでしょう。

どんなサポートが得られるのか?

給付については、大きく分けると居宅サービス費と施設サービス費があります。居宅サービス費は、自宅に介護業者が訪問してきて食事や風呂等の世話をしてもらう場合の費用負担が一割になるというものです。また、施設サービス費というのは、施設に寝泊まりして介護を受ける状態になっている場合のその業者への支払負担が1割で済むものです。ただこの1割負担というのは上限があり、介護が必要な程度に応じ上限が下がる方法がとられていますので、その点を理解しておく必要があるでしょう。

介護に就職する際には、ホームヘルパーや介護福祉士、ケアマネージャーなどの資格を有していると優遇されます。