新たな保育士ライセンスが登場!その名も地域限定保育士

国家戦略特別区域限定保育士

全国で深刻化する保育士不足解消の切り札として、いよいよ待望の新しい「限定」免許が創設されました。新たに作られたのは、地域限定保育士試験という制度です。この制度は、保育士試験に合格してから3年間だけは、特定地域だけで保育士として勤務することができ、4年目以降は普通の保育士と同じように全国のどこででも働くことができるというものです。正式名称を国家戦略特別区域限定保育士といいます。何だかカッコイイですよね。

地域限定保育士になるには

地域限定というからには、すべての地域でこの制度が設けられているわけではないんですね。現在のところ神奈川県や大阪府、沖縄県や千葉県などが、地域限定保育士試験実施自治体として名乗りをあげています。これらの自治体に住んでいる人だけでなく、他の地域に住んでいる人でも試験を受けて、免許を取得することはできるので、これから保育士を目指している人はチャレンジしてみるのもおもしろいですね。まだ知っている人が少ないので、今のうちがチャンスかもしれません。

地域限定保育士試験の詳細

地域限定保育士の試験は、普通の保育士試験とほとんど同じです。受験資格や受験科目などは、全く同じと言ってもよいでしょう。ただし、試験のスケジュールだけは大きく異なっているので要注意です。通常の保育士試験は、筆記試験が8月初旬に行われますよね。ところが、地域限定保育士試験の筆記試験は、10月末に行われることになっているんです。試験日程を間違ってしまうとタイヘンなので、これだけは覚えておいたほうがいいですね。

保育園での求人は多くのサイトで行われている、入社ボーナスが出るサイトもあります。なぜかと言うと求人難の傾向が出はじめているのです。

安易に応募するのは大変危険!求人の注意点とは

いつも見かける事ができる求人は危険の可能性

会社の業績が右肩上がりの場合には、それだけ人材が不足しているので常に募集を行っている事があります。しかしその他の理由として、よくあるのが離職率が高くて、人材がすぐに辞めてしまう会社の可能性がありますよ。その為常に見かける事ができる求人を出している可能性があるんですよね。このような求人に応募して、見事採用された場合には、厳しい仕事環境の中で仕事や作業をしなくてはいけないかもしれないです。そうならないように、しっかりと見極めないといけないですよ。

極端に給料が高めに設定されている求人

求人を比較する際に、給料で比較する方も多いです。その中にはかなり高額な給料に設定されている求人も存在しています。高い給料に設定されているという事は、それだけ責任が重い仕事を実施する可能性が高いですよ。相応の能力を身に付けておかないと、仕事する事になった場合大変な事態に発展するかもしれないですね。その為給料だけで求人を選択してしまうと、このような落とし穴に陥ってしまう可能性がありますので、注意してくださいね。

口コミや評価の悪い求人は避けた方が安全

ネット上には口コミや評価に関する情報をたくさん見つける事ができます。そこであまりにも口コミや評価の悪い求人だった場合には、応募せずに様子を見た方が安全ですね。安定して仕事をする為には、充実した仕事環境の求人を選択しないといけないです。そこに就職する事ができれば、安定して仕事を行えるので自分の力を発揮する事ができます。しかし口コミや評価が悪いという事は、安定した仕事場ではない可能性が限りなく高いんですよね。

人材派遣会社の中には、プラントの求人を専門に扱う会社があり、工場や事業所でのスタッフ職をメインに転職活動のサポートを行っています。